2012年08月17日

King of B級品 vol.2

120817-1.jpg こんにちは、松食い虫です。
立秋が過ぎ、暦の上では秋ですが… やはり暑いですね(^_^;
仮店舗の唯一のエアコンが先日から調子が悪くなり、扇風機だけが頼りの綱となっております。
 
さて8/6のエントリーの続きを記させて頂きます。
四角く削り取った箇所に、別の部材を充てて接着します。
厚さを7〜8mm程度にするために、約2cm厚の板をテーブルソー(電動回転ノコが作業台に組み込まれているもの)でカットします。カットと言っても、普通に板をカットする方法とは異なり、少々ワザを要します。
はみ出た部分は切り取って、隙間はパテで埋めて、サンドペーパーで形を整えます。
120817-2.jpg
最初にダーク色で着色し一日置いて乾燥させます。次の日にミルクペイントをベタベタ塗ります。
夏なので水性のミルクペイントはすぐ乾くので、30分ほど置いてサンドペーパーで最初に塗ったダーク色が見えるまで適当に擦ります。最後にワックスをかけて完了です。
 修理痕はなんとなく判ってしまいそうですが、手を付けなければただの「コワレモノ」なので、まぁ及第点としましょう(^_^;
通常は45,000円で販売されていたとのことですが、当ショップでは20,000円で販売してます。
すでに1個はお買い上げいただきましたので、残りあと3個です。
実物は結構イイ感じなので(写真写りが悪い?)、可愛がって下さいませ!(^o^)

 
posted by 松食い虫 at 17:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

King of B級品 vol.1

120806-1.jpg こんにちは、松食い虫です。
湘南地方は先ほど激しい雷雨に見舞われました。思わずおヘソを隠したのは内緒です(^_^;

さて、画像の天板の端っこが欠けたワイヤーキャビネット。
これはB級品として仕入れしたMade in USAの品の1つです。
B級品の定義は定かではありませんが、格安で販売する廃番品や小さなキズがある品などを指しますが、これはいわゆる「コワレモノ」
同形で色違いの品が3個あり、それらは問題ナシだったのですが、この1個だけこの有様下矢印2
見捨てるのも可哀そうだし… 頑張って修理してみるか手(グー)ということで、「勢い」でコレを含めた4個すべて買っちゃいました〜

120806-2.jpg めくれた部分を取り除き、そこに板を接着する作戦を立てました。
天板は、パッと見7〜8mmの厚さしかなかったので、取り除く作業はラクかと思いましたが…
天板の周り3cmほどは厚さが7〜8mmなのですが、それ以外は2cmはあるみたいで、取り除くというよりはノミで水平に削って整える、手の込んだ作業になってしまいました(+o+)
 20分ほどかけてようやく四角く整えました。
画像にはありませんが、天板を本体に打ち付けるタッカー(小さな釘のようなもの)を数本引き抜いたりして、一筋縄にはいきません(^_^;
ちゃんと直るのだろうか?という不安に襲われながらvol.2に続く〜(笑)
posted by 松食い虫 at 16:28| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

made in China ってどうなの? パイン材家具編

120716.jpgこんにちは、松食い虫です。
昨日、ウェブで「米国の五輪ユニホームが中国製だった」というニュースを見ました。世間を震撼させた毒入りギョーザ事件以来、中国製と聞くだけで「大丈夫か?」と反射的に思ってしまうようになってしまいました(^_^;
最近は(というかかなり前から)パイン材家具やカントリー雑貨でも中国製が多く出回っているので、販売する側としてはいつも「大丈夫か?」の連続ではあります(苦笑)

中国製に対する不安は、大きく分けて3つあります。
1、品質(しっかりと組立されているか・塗装にムラはないかetc)
2、納期(ちゃんと予定納期通り入荷するのかetc)
3、安全性(怪しい接着剤を使ってないかetc)
上記の3つのうち、1と2でお客様に迷惑をお掛けした苦い経験があります。

中国で生産するのは、ずばり安く作るため、一言に尽きます。
安く作れるのであれば、日本製の方が絶対に良いに決まっています。
しかし製造コストの安さという点で、残念ながら中国には歯が立たないのが現実です。
ただリスクも潜んでいて、「安さ」しか眼中にないと上記の3つでつまづくことになります。
それは発売元(生産を委託する側)の姿勢ひとつで、リスクは回避できたり、あるいは逆にさらに深みにハマっていくこともあります。
実際に、ある取引先の商品(主に学習デスク)は品質も納期も心配なく販売できます。
反対に、某取引先は納期がはっきりせず、問い合わせてもまるで禅問答のよう(?_?)この会社はカントリー雑誌の背表紙などに大きく広告を出したりしていますが、これで代金先払いだったら、振り込め詐欺と間違えられても仕方ないでしょう(苦笑)
当ショップでも2月に発注したコーヒーテーブル、当初は「4月末には…」と言われて待ったのですが、それが現時点でも納期がはっきりしない有様です。
さすがにお客様にこれ以上お待ち頂く訳にはいかず、特注家具を製作している工房に作ってもらい、5月末に納品しました。当然のことながら赤字でしたが「授業料」として前向きに捉えましょう(^o^)

あっ、最後は愚痴っぽくなっちゃいましたね(^_^;

当ショップではパイン材家具においては「日本製メイン&チャイナフリー(中国製ゼロ)」を基本にしています。ただ、前述の学習デスクにおいては生産国を明示したう上で引き続き取扱い致します。

posted by 松食い虫 at 17:31| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

やっと知りました(^_^;

 湘南台のショップは昨年の7月から建替え工事に取り掛かりましたので、ほぼ1年が経ったことになります。
数年前から現在のパイン材家具に絞った展開をしているので、この1年は仮店舗に移ったこともあって一般の「家具業界」からは完全に隔絶された存在となりました(笑)
そのことを象徴する「発見」が昨日ありました。
湘南台の比較的近くにあった大型家具専門店が4月に閉店していたことを、昨日初めて知ったのです。
一時は神奈川県内に10店舗近く展開していたのですが、数年前に2店を残すのみに事業を縮小。そしてとうとう完全閉店したとのことです。
蛇足ですが、小田急線長後駅に近いのに「湘南台本店」と名乗ってましたので、地名・駅名の乱用が1つ解消されたことは良い事ですね(^^)
家具メーカーや問屋の営業担当者が来ていれば、そういう情報は早くに入手できたとは思うのですが、前述のとおり隔離されてますのでそういう人は来ません(笑)
でも正直申し上げますと、当ショップにとってはどうでもよい情報でもあります。
 ただ、今後そのお店で買ったお客様から「金具が壊れた」「椅子の張替えをしたい」等のアフターサービスの要望が寄せられることでしょう。
もちろん、出来る限り(=本来の業務に差支えない範囲内で)お受けするつもりですが、なにせ当ショップも「超」が付くほど少数精鋭(笑)で運営してますので、事案によってはお断りしなければならないことも出てきそうです。
 商品の状態によっては「買った方が安いですよ」と、お答えざるを得ない場合もしばしばありますが、決してパイン家具を押し売りしたりしませんので、安心してお問い合わせ下さいませ(^^)
 
 
posted by 松食い虫 at 18:13| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

本当に発火するんですョ\(◎o◎)/

120709-1.jpg 120709-2.jpg こんにちは、松食い虫です。
蒸し暑い日が続いて体調維持が大変ですね〜 ビールが美味しい季節でもあるので、飲み過ぎにも注意せねば!いずれにせよ大変な季節です(^_^;
そういえば本日のエントリーのタイトルも大変ですね(笑)
当ショップでは、osmo(オスモ)等の無公害自然塗料を使用しています。
植物油をベースに作られた塗料で、無公害(人と環境に対して安全)であるのが特長です。
塗りやすく、においも抑えられているのでプロ以外の人にも綺麗に仕上げることが出来ます。
120709-3.jpg良い事だらけの夢のような塗料ですが、ただ一つ気を付けなければならないコトがあります。
それは…
塗装の際に使用したスポンジやウエスを放置すると、発火することがあります。
塗装をしながら、そのことを実験してみました。
スポンジは、広い面積を塗るのに都合が良いのですが、内部に気化熱がこもりやすく発火の恐れがウエスより多いと思われます。特に塗料がたっぷり染み込んだ状態は危険です(右画像参照)

120709-4.jpg塗装後、日向に放置すること20分ちょっと。
内部から焦げだして白い煙が立ち始めます。
このまま放っておけば炎が出るでしょう。危険なので水をかけて消火します。

☆ 自然塗料をご使用になる時の注意 ☆
○使用したスポンジ・ウエスは、たっぷり水を含ませて下さい。
○着ている衣服に付いた場合、すぐに水洗いして天日干しして下さい。※完全には落ちません
その場合、乾燥機は絶対に使用しないで下さい。
○塗った木からは発火する恐れはありません

必要以上に恐れることはありません(^^)
上記のことさえ押さえておけば、安全に塗装が楽しめます(^_^)v
posted by 松食い虫 at 14:43| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

オリヂナル商品、思案中♪

120613.jpg こんにちは、松食い虫です。湘南地域もいよいよ梅雨に入りました。
塗料、特にミルクペイントの乾きが悪くなるので、少々テンションが下がります(笑)
 只今、新店舗で並べたい商品の構想を練っている最中です。もちろん当ショップのみのオリジナル品です。
先日のエントリーでも触れましたが、新店舗ではアメリカンカントリーを減らして、ナチュラルスタイルにシフトする予定です。材料は今までと同じパイン材、それ以外は考えられません(^o^)
 来週、工房サイドと打ち合わせする予定です。それに伴って、18(月)〜21(木)はショップがお休みになりますので、ご来店予定の方はご留意願いますm(_ _)m
 
 余談ですが、当ショップ(湘南台の店舗)の隣のカーテン屋さんも「ナチュラルスタイル」なるシリーズの家具を扱っているらしいのですが… カブッたみたいだから呼び方、変えよっと(笑)

posted by 松食い虫 at 18:01| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

人の振り見て我が振り直せ(他業種から学ぼう)

120606.jpg こんにちは、松食い虫です。
 新聞紙上などで某航空会社の接客指針が波紋を呼んでいます。なんでも「苦情は受け付けません(機内での)」とのこと。業種は異なりますが、同じお客様商売の身には「スゴ過ぎる(*_*)」と思わずにはいられません。
 同業他社ですが、ある営業責任者の方から「苦情やクレームには、新たな顧客獲得のヒントが詰まっている。」とのお話を伺ったことがあります。家具の業界にとどまらず、航空業界でも当てはまるのでは?と思いますが…
 以前、普通の家具を扱っていた時のことです。
「木目がどうも気に入らない」「塗装の濃淡がイヤだ」
とのクレームを頂いたことがあります。
両方ともメーカーにお願いして後日交換して納得してもらいました。
 その後、パイン材家具をメインで取り扱おうとした時、上記のクレームの件が思い出されました。
パイン材家具の方がどう考えても木目(節を含めて)は個性的だし、塗装の濃淡は影しいほど出るし、
クレーム続出では?と危惧しておりました。
 が、フタを開けてみたら…
前述のようなクレームは1年に1回あるかどうか、という具合でした。
思い浮かぶ理由は…
お客様とのコミュニケーション、の一言に尽きます。
自分が好きで扱っているパイン材家具の良さを、お客様にも伝えたい。
あっ、決してゴリ押しはしてないですよ!
お客様も当ショップを「パイン材家具の専門店」と位置づけされてこられているので、
恵まれた環境ではありますが(^_^;
 
 今度出張するときは、あえて某航空会社を利用してみますか(笑)
posted by 松食い虫 at 18:18| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする