2019年03月15日

ソファの修理 〜輸入のソファも直せます!(ただしウッドフレーム)〜

こんにちは、松食い虫です(^^)

三月も半ばに差し掛かりました。
新年度を迎えるこの時期はやたら「新生活」というワードが盛んに使われ、何もかも新しく買い換えろ的なTVコマーシャルなどよく目にします。
当ショップでは世の中のそういう流れに逆行して、愛着あるものはずっと使いましょう、とあえて訴えてみます(^_^)

輸入ソファ修理 1.jpg輸入ソファ修理 2.jpg 輸入品のウッドフレームタイプのソファをお使いのお客様から修理のご依頼を承りました。
座面を支える前面のフレームが、三分割の状態に割れてしまい、座面が抜けてしまうという深刻な状態です。
割れたフレームを支える小柱はご主人が作られたとのこと。応急処置なので小柱の固定が出来ず、腰掛けたり立ち上がったりするときに、小柱の倒壊がしばしば起こるとのことです(^_^;)

輸入ソファ修理 4.jpg輸入ソファ修理 3.jpg 前面フレームはもう使い物にならないので、新しく作ることにしました。長さや厚みなどのサイズを正確に測り、塗装も違和感ない色に仕上げます。
三分割に割れてしまったのは、細い材を接着剤で貼り合わせた構造が原因です。経年で接着剤が劣化して割れてしまったようです。
新しく製作したフレームは、貼り合わせの無い直材(大袈裟に記すと1枚板)ですので、よほどの荷重が掛からなければ割れることはありません。

「輸入のソファだから、直すのは難しいのでは…」
「輸入ソファの修理を頼みたいけど、購入した店がもう閉店してしまった」
という方は諦めずにお声掛け下さい。

※破損状況によっては、修理をお受けできない場合もございます。


posted by 松食い虫 at 11:51| 神奈川 ☀| Comment(0) | repair(修理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。