2018年10月13日

★オーダーメイド★長〜い収納ボード K・factory風仕上げ vol.2

こんにちは、松食い虫です。

ここ数日で秋の空気に入れ替わって、涼しくなりました。
涼しさを通り越して、寒いくらいです(^^;;

storage board (k-fa)11-2 43 Y-M.jpgさて、10月7日に続き、オーダー製作した340cm×121cmの逆L型収納の詳しい紹介をさせて頂きます。
大きく分けて、大小3つのボードを組み合わせています、と記しました。
@コーナー部分の収納 幅121cm(奥行60cm)
A窓下の長い収納 幅250cm
B左端のオープンラック 幅50cm(奥行30cm)
まずは@のコーナー部分の収納から。


storage board (k-fa)11-11 43 Y-M.jpg 上の画像で、プリンタが載っているデスクサイドチェストより左側の両開き扉のボードです。Aのボードの奥行分(50cm)が連結されていて全体は見えませんが、部屋の隅(コーナー)まで長さは121cmあります。
扉を開けると底板が無い構造になっており、既製品のデスクワゴンをごろごろ転がして収納できるようにしてあります。
そのデスクワゴンの横には、白い袋を被せられた謎の物体が(・・;)


storage board (k-fa)11-12 43 Y-M.jpg 謎の物体の正体は、ミシンでした(^_^)
専用のキャスターボードで、デスクワゴンの脇にラクラク収納できます。
ミシンに限らず、そこそこ重さのある機械モノは、このようにキャスターボードで出し入れした方が楽です。
もっとも一般の量産品だと、段差ゼロの底板の無い収納ボードはまずありませんから、やはりオーダーメイドならでは、ですね(^_^)v


storage board (k-fa)11-5 43 Y-M.jpg 次はAを飛ばしてBのオープンラックです。
画像だと、Aの長い収納と一体に見えますが、実はただ並べて置いてあるだけのラックで、ボルト等での連結もしていません。
しかも横を向いていますが、これは掃出し窓のすぐ横で、洗濯物を干すのに使うハンガーや洗濯バサミを収納したり取り出したりするためです。
置いてあるだけなので、将来的に別の場所に移動させるのも楽に出来ますね。
棚板は可動式(2枚)です。

Aの長い収納ですが、次回紹介させて頂きます。
vol.3まで引っ張って申し訳ございません<(_ _)>
posted by 松食い虫 at 15:07| 神奈川 ☔| Comment(0) | order made | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。