2018年03月19日

フォトフレーム 〜余ったカップボードのガラス扉を活用〜

こんにちは、松食い虫です(^^)
様々な理由で余剰のパーツが発生します。勿体無いので廃棄せずに活用方法を探るのがまた楽しいのですが、名品になるか迷品になるか、その差は紙一重です(笑)

8029 picture frame 1.jpg 今回は余ったカップボードのガラス扉を活用して、フォトフレームに小改造してみました。
「串」の字状に木枠が入っているタイプですが、この木枠はガラスの表面に接しているだけで、ガラスの取り外しが可能です。掃除のときに外れた方が便利ですよね(^^)
フォトフレームとして使用するので、これから背板を取り付けます。
木枠を仕切りとして捉えれば、6枚の写真を入れることが出来ます。
元はガラス扉なので、ツマミ取付用のネジ穴が開いていますが、フック等を取り付けてネジ穴を隠す方法もあります。今回は細い丸棒で塞いでしまうことにします。


8029 picture frame 2.jpg8029 picture frame 3.jpg 背板には厚さ4mmのシナ合板を用いました。安価なラワン合板もありますが、ささくれやすいので木目の優しいシナに軍配が上がります(^^)
ガラスより縦横とも4pほど大きなサイズにして、木ネジで留めます。
ネジが10本ほどあるので、写真を入れ替える時が大変ですが、写真がずれないようフレーム本体と背板とをすき間なく留めるためには、やはりこのくらいの数のネジが必要です。
ツマミ取付用のネジ穴は丸棒で塞ぎましたが、やはり跡は残ってしまいました。まあ、凸凹していなければ良しとしましょう(^_^;)

8029 picture frame 4.jpg 写真をお好きなところに配置して出来上がりです。
モデルは当ショップの看板犬です(^^)
Lサイズ等の写真の規格の大きさでは、木枠の仕切り内にフィットしないので、印刷してから適当な大きさにカットするか、あらかじめ適当なサイズにトリミングしてからプリントするかして下さい。
画像では縦方向が長くなっていますが、もちろん横にして使って頂いても構いません。
また、画像にはありませんが、壁吊用の金具をセットしますが、立てかけてもお使い頂けます。



普通のサイズの写真がフィットしない「迷品」ではありますが、素材の醸し出すナチュラル感は普通の品には負けていません(笑)
もちろん、木枠の仕切りを無視したサイズの写真を入れても構いません。
要は、お気に入りの写真を自由に飾って頂きたい!という一言に尽きます(^^)

≪フォトフレーム≫ ※数量限定です
【特別価格】4,000円
【サイズ】巾385 厚さ25 高さ565
【塗装】osmoパイン
posted by 松食い虫 at 19:25| 神奈川 ☁| Comment(0) | new item | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。