2018年02月04日

ペンダントライト 〜ガラスシェードを通して織りなす光の芸術〜 をお楽しみ下さい(^^)

こんにちは、松食い虫です(^^)
昨日は節分で、暦の上では今日から春… とのことですが、寒い日が続きますね(^_^;
さて今日は照明器具のペンダントライトについて取り上げてみたいと思います。

180204-0.jpg ショップでは大小様々なタイプの照明器具を取り扱っていますが、その中でも一番品数が豊富なのがペンダントライトです。
一灯式のぶら下げ型の照明で、電球は小さめのE-17口径仕様が多いです。
軽量なので、天井の配線器具に引っ掛けるだけですぐに使える工事不要のタイプです。
シェード(電球を覆うガラス)の形や色がいっぱいあり、選ぶのに迷ってしまいそうですが、本来の「部屋を明るく照らす」という役目もさることながら、ガラスシェードを通して織りなす光の芸術(表現がいささかオーバーですが)を楽しめる点も、商品選びで迷われているお客様にアドバイスしたい点でもあります(^^)
 
ただ、ショップでは多数の照明が百花繚乱状態なので(^_^;)、それぞれのペンダントライトの個性がお伝えできてない状態で、コレはどうにかしなくてはなりません。
⇑上の画像は、ショップで普通に展示してある状態ですが…
それが、お客様のお部屋で点けると…
⇓下の画像のように、美しい光の帯が!(^^)
180204-2.jpg180204-1.jpg もちろんこれは、光の帯が出るガラスシェードの画像で、シェードの種類によっては、泡が映ったり、全く模様が出ないタイプもあります。
 ダイニングやリビングといった広いお部屋や、勉強部屋などにはあまり向きませんが、寝室や廊下、玄関ホールなどにはお勧めです。
もしもショップで気になったペンダントライトがありましたら、スタッフにお声掛け頂ければ壁面を模したボードを用意しますので、ガラスシェードを通して浮かぶ光の模様をご確認下さいませ(^^)

※照明器具は、基本的に電球が別売となっております。
posted by 松食い虫 at 16:57| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。