2019年05月05日

【非推奨】リフティングテーブルの天板交換

こんにちは、松食い虫です(^^)
令和に改元後、初めての投稿です。
令和の時代も変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます<(_ _)>

タイトルに【非推奨】とあり、新元号になって初回の投稿としてはいささか穏やかならぬものを感じますが(^_^;)
190505-0.jpg その【非推奨】に至る真相は下記の通りです。
先日、自宅用にと某通販でリフティングテーブルを購入しました。(左画像参照)
ガスシリンダーで十数センチから70cmまで高さが自在に調節できるスグレモノです。
ダイニングテーブルの拡張用に、またソファで書き物する時に、さらには洗濯物を畳んだりする時の作業台に、と多目的な用途への活用が期待されて、到着する日を心待ちにしておりました。

190505-1.jpg 数日後に到着♪ 期待に胸ふくらませ梱包を開けます。
開梱時、X形のパイプ製脚は梱包の中で隠れるように平たく収まっていますが、ボルトで所定の位置に固定すると美しいXスタイルに。
塗装もホフホワイトのツヤ消し仕上げで、いかにもパイプですみたいなツヤツヤの塗装ではないところも期待以上です(^^)
ところが…
天板が合板であることを主張し過ぎているのでした(T_T)
脚まわりが期待以上(某大型家具店TVCM風だと「お値段以上」)だったので、反動でガッカリ感に支配されました。

190505-2.jpg ガッカリ感を消し去るには、コレしか手は有りません。
そうです、パイン材の天板に交換する、という手です。
幸いショップの倉庫に余剰の天板がありましたので、それを90×60cmにカットし、さらに研磨&再塗装しました。
元の合板天板の裏に埋め込まれていた取付金具を、パイン材天板に移植するのはかなり手間が掛かるので、別に用意した取付金具を埋め込みました。
やはり天然の木目はイイですね〜 風合いも良いですし木の香りもします。なによりも合板や化学塗料の臭いがしないのがありがたい(^^)

最後になりましたが【非推奨】の理由です。
添付されていた取扱説明書にこんな一文がありました。
「不当に改造されたものは、補償対象外となります」
posted by 松食い虫 at 12:23| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする