2019年04月27日

キャビネット 〜余った扉を利用して製作しました。

こんにちは、松食い虫です(^^)
今日から10連休に入りましたが、湘南エリアは冷たい雨模様です。
4/30から5/1の改元前後の天気もぐずつく予報なので、平成最後の日の入りと令和の初日の出を拝めるのは難しそうですね(T_T)

56 cabinet 790 02.jpg56 cabinet 790 2.jpg さて今日は、シンプルな形状のキャビネットをご紹介致します。
指定仕様外の扉パネルが何組かあったので、それらを有効活用するべく製作したものです。
前回に続き「勿体無い」シリーズです(笑)
どこが指定仕様外かと申しますと、額縁状の枠にパイン材でなく広葉樹を使ってしまい、クリア塗装をしたらその枠が濃く仕上がってしまったから、です。

non standard door panel.jpg 左の画像がその指定仕様外の扉です。枠だけちょっと濃くてなんだかトホホな仕上がりですね(^_^;)
クリアオイルがしっかり塗られているので、濃い色を上から重ね塗りしても色が乗りません。なので、展示する品は上の画像のように水性のミルクペイントで木目を隠しました。
本体はお好みの色で仕上げられるのですが、扉はミルクペイント以外は塗れそうもありません<(_ _)>
ミルクペイント以外の仕上げだと、本体も一緒にクリア塗装にして飴色に変化するのを待つ、のがおススメです(^^)

扉内は、可動棚が1枚付いております。
丁番は、ワンタッチ脱着式のスライドヒンジです。

左画像の品は、本体にもクリア塗装して側板や扉の額縁状の枠をミルクペイント(ネイビー)で塗ってあります。
右画像の品は、本体にwatcoミディアムを塗装し側板や扉をミルクペイント(オフホワイト)で塗り、使い込んだ感じ(used仕上げ)にしてあります。

≪仕様≫
【素材】北米産ポンデロッサパイン (背板はシナべニア) ※扉の額縁状の枠は広葉樹
【塗装色】ご指定頂けます。※ミルクペイントがおすすめです。

≪サイズ≫
幅790 奥行350 高さ900 (mm)

≪価格≫※金額は税込・送料別途
¥59,800
 

posted by 松食い虫 at 20:02| 神奈川 ☁| Comment(0) | new item | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする